Wasabi

Vodoka+野菜果物ジュース+レモン ワカモレトマト

一昨日、アボカド、醤油少々、レモン汁、そして(練り)ワサビを混ぜてワカモレを作りました。
そして先ほど、その残りを食べました。蓋を開けて、驚きました。
なぜならば、色が全く変わっていなかったからです。
アボカドは、りんごの様に空気に触れると変色します。
レモンやライムを混ぜるのはそれを防ぐ効果もあるからだと、
何かで聞いた様な気がしますが、結局、変色します。
ところが、ワサビ入りワカモレは全く変色しません。
そんなことは知っていると、どこかで寿司職人が言うかもしれませんが、
私は、初めて見ました。
寿司にワサビがついてくるのは、薬味だけでなく、
生魚が多少傷んでいても食あたりにならないためだと聞いたことがありますが、
それが関係しているのか(?_?)wikiりました。

下記は、ja.wikipedia.org/からの抜粋引用です。

【有効成分】
 ワサビの辛味成分は、唐辛子の辛味成分であるカプサイシンとは辛味成分が全く異なる物質で芥子菜など、アブラナ科の植物が多く含むからし油配糖体(グルコシノレート)の一種のシニグリンが、すりおろされる過程で酸素に触れ、細胞にある酵素と反応することにより生成されるアリルイソチオシアネート(6-メチルイソヘキシルイソチオシアナート、7-メチルチオヘプチルイソチオシアナート、8-メチルチオオクチルイソチオシアナート)などであり、抗菌効果もあるとされる。
 なお、成分は品種、栽培条件、収穫時期で変化する。また、胃がん細胞増殖抑制成分が含まれているとする研究もある。わさびスルフィニル(wasabi sulfinyl)は、国産の本わさびからわさび特有の辛みを除いた抽出した成分6-メチルスルフィニルヘキシルイソチオシアネート/6-methylsulfinylhexyl isothiocyanate (6-MSITC)を指す。
 また、様々な研究がされており、例えば名古屋市立大学院医学研究科は、神経細胞の再生を促し記憶力や学習能力を改善させることを発見したと報道された。1日に12.5グラムを食べれば、脳だけでなく、全身で細胞の再生が促進され、認知症予防以外にも血管拡張や骨密度強化など多彩な効果があるとされる。
 また、中部大応用生物学の研究チームは、わさびの辛味成分「アリルイソチアシアネート」が酸化ストレスを防ぐ体内酵素を活性化させ、人の老化や疾病を防ぐ一定の効果の他に抗アレルギー作用があると発表し報道された。

【粉わさび・練りわさび】
 缶入りの粉わさびやチューブ入りあるいはパック入り(主に刺身用)の練りわさびが市販され、一般家庭ではこちらが広く用いられる。原料にはセイヨウワサビが使用されていることが多いが、ワサビの入ったものもある。根茎は高価なため、それ以外の根や茎の部分が使用される事が多い。
 チューブ入りわさびにおいては植物油、食塩、糖分、増粘剤等を添加している物もある。品名(名称)は、いずれも「加工わさび」であるが、日本加工わさび協会の基準においては原料わさびのうち本わさびの使用量が50%未満の場合は「本わさび入り」、50%以上の場合は「本わさび使用」を表記してよいとしている。

と言うことは、カリフォルニアロールに本物のカニを使えば、
かなりなアンタイエイジングフードと言えませんか(?_?)
ただし、塩分(醤油)は控えめにしましょう。
それから、ワサビを入れすぎると、泣かされます。

一つ気になるのが、上記にある
酸化ストレスを防ぐ体内酵素を活性化させ
もしかしたら、ワサビ単体ではなく、レモンを活性化させたのか(?_?)
もう調べるの疲れたので、レモンなしのものを作ってみればいい…fadeout


5/24/2017 Post:
カリフォルニアロールといえば、白ごまがつきものですが、
ゴマは、殻が硬いので、すり潰さないと消化されないと聞いています。

下記は、ja.wikipedia.org/からの抜粋引用です。

【有効成分】
 昔からゴマは栄養価の高い食品として知られ、生薬としても用いられた。
種皮の色によって黒ゴマ、白ゴマ、金ゴマに分けられるが、栄養的にはほとんど差がない。黒ゴマの皮の部分にはタンニン系ポリフェノール色素を多く含んでいる。
 カルシウム、マグネシウム、鉄、リン、亜鉛等のミネラルが多く含まれ、骨粗しょう症の予防や貧血の改善に効果がある。タンパク質、食物繊維、ナイアシン、ビタミンA、B1、B2、B6、Eや葉酸が豊富に含まれている。ゴマには抗酸化物質として働くリグナンが含まれており、ゴマの代表的なリグナンはセサミンである。ゴマ自体も抗酸化作用を持ち、活性酸素が体内で生成されるのを抑え、肝臓機能を強化し細胞の老化やガン化を抑制する作用がある。脂質はオレイン酸、リノール酸が80%を占め、タンパク質も豊富に含み、コレステロール抑制にも効果もある。

【ごまアレルギー】
栄養価が高く健康に良いとされているゴマではあるが、子供を中心にごまアレルギーの調査が報告されている。アトピー性皮膚炎の子供126名を対象に行なった例では、1歳未満の乳児が21%、1歳から1歳6ヶ月未満では44%、2歳・3歳以上では約50%が、ゴマに対して陽性を示す結果となった。

「カリフォルニアロール」というタイトルにすべきだったのか?
ちなみに、Wikiると、マヨネーズも材料として挙げられていますが、
私、個人的な見解ではマヨネーズはやめたほうが良いと思います。

カリフォルニアでカリフォルニアロールを数年巻きましたが(苦笑)
寿司屋に居たわけではありません。
その時の材料は、
酢飯、アボカド、きゅうり、カニかまぼこ、海苔、白ごま
でした。これに、好みによって食べる時にワサビ醤油につける。
日本で巻いたことはありません。機会があれば巻いてみたいと思います(笑)
ああ、そういえば、レストランオーナーが、
ケータリングで巻き寿司を出す時に言ってました。
SFでは?CA?US? アメリカでは、
寿司が(巻き寿司であっても)あるとパーティーがグレードアップするそうです。
🍣


5/27/2017 Post:

> 一つ気になるのが、上記にある
酸化ストレスを防ぐ体内酵素を活性化させ
もしかしたら、ワサビ単体ではなく、レモンを活性化させたのか(?_?)
もう調べるの疲れたので、レモンなしのものを作ってみればいい…fadeout

上の答えですが、今日、みました。
レモンを入れずに、アボカド、醤油、ワサビだけで混ぜたものは、酸化により変色しました。前回は、レモンの成分をワサビの成分が活性化させて、酸化を防いだということですよね。
何、やっているのか?って、抗酸化は永遠のテーマでしょうから、実験してみました(笑) しかし、私は化学者ではないので、あくまでも素人見解です。

数年前、SFでモンサントが気になっていましたが、最近、気になるのがF1種。野菜や果物、植物の力を信じている私ですが、F1種なるものの存在を耳にし、検索しました。その内容には結構😱驚きます。気になる方は、検索してみてください。たくさんの記事がヒットします。

Author: Hariillustrated

a Black and Gray Illustrator | Graphic Designer