LDLコレステロール

下記はwww.ldl-cause.comからの引用記事です。

【LDLコレステロールが高い原因】
食べすぎ
よくコレステロールを多く含む食べ物のとりすぎが理由だと思われがちですが、実はそれだけでは、そんなにLDLコレステロール値は上がらないのです。
コレステロールの70~80%は体内で合成されてつくられていて、20~30%が食べ物からです。人間の体には食べ物から摂取するコレステロールの量が多かった場合、体内で合成されるコレステロール量を調整してコレステロールの増加を抑える機能があります。しかし、食べすぎるとエネルギーのとりすぎになり、結果的にエネルギー源として使いきれず、余った分は体内でコレステロールに合成されるので、LDLコレステロール値が上がる理由になります。

肥満
肥満の人は中性脂肪がたくさんたまっています。インスリンの働きが低下するなどして、中性脂肪がさらに増加するという悪循環を招き、結果としてLDLコレステロール値が上がる理由です。また同じ肥満でも、皮下脂肪型肥満に比べて、メタボリックシンドロームのもとになる内蔵脂肪型肥満のほうが、LDLコレステロール値も上がりやすくなります。

アルコールの飲みすき
適量の飲酒は、血液の循環をよくし、ストレス解消になったり、善玉のHDLコレステロールを増やす働きがあるといわれています。しかし、アルコールをとりすぎると、中性脂肪も増え善玉のHDLコレステロールが減少して、LDLコレステロール値が上がる理由になります。

ストレス
ストレスが病気に大きく影響していることが知られているように、コレステロールにも影響があります。強いストレスがかかると、交感神経が刺激され、副腎皮質ホルモンの分泌が活発になります。この副腎皮質ホルモンは血液中の遊離脂肪酸の量を増やす働きがあり、最終的に血液中のLDLコレステロールを増やします。
また副腎皮質ホルモンは、血管を収縮させて血圧を上げる作用があり、また血液を固まりやすくし、血栓ができるのを早めるともいわれます。
つまり、ストレスはLDLコレステロール値を上げるだけでなく、動脈硬化の危険因子でもあるのです。

タバコを吸う
タバコには、健康に影響するさまざまな害があることが知られていますが、コレステロールにとっても悪影響をあたえます。タバコに含まれるニコチンが、中性脂肪の合成を促進させ、LDLコレステロールを増やし、HDLコレステロールを減らします。タバコを吸う本数が増えれば増えるほど、LDLコレステロールは増え、HDLコレステロールは減るというデータもあります。
またタバコは、吸うだけで血圧を上昇させますから、すでに動脈硬化が進んでいる人は、喫煙が、心筋梗塞や狭心症、脳梗塞の発作の直接の引き金になるリスクが非常に高くなります。

遺伝
親からの遺伝でLDLコレステロール値が高くなる場合があり、これを家族性高コレステロール血症といいます。家族性高コレステロール血症は、LDLコレステロール値が高くなりやすい遺伝子を両親もしくは父親・母親のどちらかから受け継いで発症してしまう病気で、体質的にLDLの処理機能に異常があるせいで起こります。
家族性高コレステロール血症には2つのタイプがあり、異常な遺伝子を片方の親からだけ受けついだ場合をヘテロ型、両方から受けついだ場合をホモ型といいます。
ヘテロ型は500人に1人、ホモ型は100万人に1人くらいの割合とされてます。どちらのタイプも普通の人と同じものを食べているのに、子供の時からすでに高いLDLコレステロール値を示します。

他の病気や薬の服用
糖尿病、甲状腺機能の低下、腎臓の病気、薬剤などが原因でLDLコレステロール値が上がることがあります。糖尿病の20~50%に脂質異常症がみられるといわれています。
その程度はさまざまですが、多くの場合、中性脂肪値が高くなりLDLコレステロール値が高くなります。甲状腺機能の低下によって、甲状腺ホルモンの分泌が減る影響でLDLコレステロール値が上がることがあります。腎臓病になると脂質異常症を起こすことがあり、そうした腎臓病の代表がネフローゼ症候群です。ネフローゼ症候群は尿にタンパクが多くなる病気で、血液中のLDLコレステロールが増えてしまいます。
また一部の降圧薬、ホルモン剤、免疫抑制剤などの薬の服用で、血中脂質値が上がることがあります。こうした薬を服用するときは医師とよく相談することが大切です。

【食事からのコレステロール摂取を抑える】
食べ物に含まれるコレステロールは、その全てが体内に吸収されるわけではなく、6割は便といっしょに排出されます。つまり、食べ物自体のコレステロールの量がそのまま血中コレステロールになるわけではありません。しかし、必要以上のコレステロールを食事からとれば、血中コレステロール値は増えます。

健康であれば、体内のコレステロール量を調整する機能が働きます。しかし、すでにLDLコレステロール値が高い人は、普通の人よりコレステロールの吸収率が高くなっているので、食事からのコレステロールによって血中コレステロールが増えやすいことが多いと考えられています。太っている人も、コレステロールの多い食品をたくさん食べると、血中コレステロール値に影響がでる傾向があるので注意が必要です。

LDLコレステロール値を下げるには、1日の食事量を適正にしたうえで、食事からのコレステロール摂取量を減らすようにしなくてはいけません。

コレステロールが多い食品は鶏卵、イクラやたらこなどの魚卵、ししゃもなど丸ごと食べる小魚、レバーなどです。マヨネーズなどの卵を使った加工食品、チーズやバターなどの乳製品も要注意です。
こうした食品の中には1回の食事で、1日のコレステロール摂取量の適正量を超えることもあるので、1回に食べる量を少なくしたり、食べる回数を減らすようにしましょう。

また、含まれるコレステロールの量にかかわらず、必要以上の量の食事をとることでも、コレステロール値は上がります。食べ過ぎによって体内のアセチルCoAが増え、コレステロールの合成が活発になるためです。ですから、食事の量を減らせば、その分コレステロールの合成は抑えられるので、特別な食事療法や食品選びをしなくてもコレステロールが下がることがあるのです。食べ過ぎは、中性脂肪を増やし肥満にもつながりますので、腹8分目を心がけるようにしましょう。

<コレステロールを多く含むおもな食品>
魚卵=たらこ、かずのこ、いくら
乳製品=バター、チーズ
菓子・調味料=ケーキ、マヨネーズ
魚介=うなぎ、ししゃも、いか
卵・肉=鶏卵、レバー

>しかし、魚でもEPAやDHAという多価不飽和脂肪酸を多く含んでいるものは良いそうです。
この2つの脂肪酸は動脈硬化を予防する働きがあるのと、血液中の中性脂肪を減らし、結果的にLDLコレステロールも減らす働きもあります。

EPAやDHAは魚の中でも、あじやいわし、さば、さんまのような、青背の魚に多く含まれています。魚には良質なたんぱく質の供給源でもあるので、積極的にとるようにしたいものです。但し、食べ過ぎには注意しましょう。エネルギーのとり過ぎを招き、逆効果になりかねません。一度にたくさん食べるのではなく、1食に食べる量は適量にして、毎日1回は食べるようにしましょう。
>上記のサイトではこの他にも、LDLコレステロールを減らす食物を紹介しています。
—————————–

私の周囲には”私は太らない体質だ”と信じている人が多い。
数年前、SFに3ヶ月居て日本に帰ってきたとき
6-7kg太った経験から、私も通常通り太るのだと自覚している。
その後、私は気をつけるようになり、8-9kg落とした。
元に戻したのではなく、それ以上に絞り込んだ、
現在は通常の体重になっている。
しかし、LDLコレステロール値が標準より少し多い。

私の運動方法は相変わらずです。
これが、胴回りを引き締めるだけでなく、腰痛も止めます。
しかし、SFで友人にこの運動方法をおしえたら
そんなことできない。と、怒られました。
その方法とは、
横向きに倒れて、下になった腕は立て肘で上半身を起こしておき、
足は、両足一緒に上へ上げる。
つまり、ひらがなの「く」の字を目指す。
そんなに上がるものでもないですが、一応、重力には逆らうこと。
何度か息を吐きながら上げる。つまり有酸素運動にする。
実は上になっている腕も同時に動かす。どう動かすのかは、
文章では説明するのが困難なのでやめておきます。
足はそろえて両足一緒に上げる方法と、
数字の「4」のように組んで上げる方法が、ありますが
両足揃えだけで十分効きます。
これはかなり、血の循環が良くなるので、
たぶん、これで腰の血も入れ替わるのではないか?と
勝手に思っている。
そして、この運動をすると
中性脂肪は皆無です。
しかし、結構辛い。何歳までできるのかは、なぞ。
因に、筋力は死ぬまで鍛えることが出来るそうです。


5/23/2017 Post:
以前の投稿から時間が経過していますが、思いつくと追記します。

悪玉コレステロールですが、
食物繊維を取らないと外に出ないコレステロールあるそうです。
因みに、野菜サラダは他の食物よりも先に、
一番初めに食べた方が良いとも聞きました。

Author: Hariillustrated

a Black and Gray Illustrator | Graphic Designer