危険な食べ物まとめ

下記サイトからの抜粋引用です。
http://macrobiotic-daisuki.jp

食べ続けたら死の危険10倍!身近な危険な食べ物・添加物まとめ
小林謙太郎

インスタント食品がカラダに悪いことはあなたはご存知だと思いますが、それ以外にも普段食べているものにいっぱい危険なものがあることをご存知ですか? これだけの危険なものが許されているのは日本だけです。

健康に過ごすためにも危険なものを食べないようにするため
危険なものをまとめてみました。(下記は項目のみを引用しています。)

0.はじめに:日本人は世界で一番ガンで死にやすい
1.肉類
1−1.ボロニアソーセージ
1−2.スモークハム
1−3.ハム
1−4.合成で作られている霜降りステーキ

2.飲料
2−1.香料で作られているファミレスのコーヒー
2−2.実は太るカロリーオフの飲み物
2−3.レッドブルなどのエナジードリンク

3.魚
3−1.回転寿司店のネギトロ
3−2.フカヒレ
3−3.人工的に作られているいくら

4.嗜好品
4−1.食べ続けたら鬱になるハンバーガー
4−2.吐き気がする菓子パン
4−3.ホットドッグ

5.調味料
5−1.禁止の添加物が使われているマーガリン
5−2.りんごから作られるイチゴジャム
5−3.みりん風の調味料
5−4.醤油風の調味料

6.野菜
6−1.レンコン
6−2.カット野菜
6−3.有機でないじゃがいも

7.その他
7−1.おにぎり
7−2.塩酸で作られてる缶詰みかん
7−3.コンビニのおでん
7−4.ノンオイルドレッシング

8.なぜ添加物がこんなに多い?
日本・・・・・351品目
アメリカ・・・133品目
ドイツ・・・・・64品目
フランス・・・・32品目
イギリス・・・・21品目

9.普段こころがけること5
1) 安さに惑わされない
価格が安いのにはなにかコストを押さえてる何かがあります。
上記で解説したような添加物が多く使われていたり偽装物なことが多いです。

2) 成分表を必ず見る
成分表の後ろを見て危ないものが多かったらやめましょう

3) 自然なものを食べるようにする

4) 外食は確かな知識を持ったオーナー以外では食べない。特にチェーン店は避ける。

5) 肉や野菜は専門店で食べるようにする

10.おまけ
以上は、項目だけの引用です。
其々の説明文はリンク先でチェックしてください。記事全文を読む

 私が日本へ帰って一番良いと思ったことは、日本食が安く食べられることでした。ところが、上の記事を読んで、食料品が安いのには大きな理由がある!と、いうことに気づかされました。この驚愕の事実!

”これだけの危険なものが許されているのは日本だけです。”
日本って国はいったいどうなっているのでしょうか?

Author: Hariillustrated

a Black and Gray Illustrator | Graphic Designer