Musicians’ Brains Really Do Work Differently-In A Good Way

下記はwww.npr.org/blogsからの記事引用です。

Musicians’ Brains Really Do Work Differently — In A Good Way
November 20, 201412:20 PM ET – by Anastasia Tsioulcas

“Did you know that every time musicians pick up their instruments, there are fireworks going off all over their brain?”

That’s the launching point for a fantastic little video made by educator Anita Collins and animator Sharon Colman Graham for TED-Ed. What they explain is that while listening to music is beneficial, playing music is “the brain’s equivalent of a full-body workout.”

What’s more: Neuroscientists have found that some of these aspects of mental work are different from any other activity studied, including playing sports or engaging in various creative pursuits.

For teachers, TED-Ed has made a full, customizable lesson plan available on this fascinating topic and exciting research. Happy playing!
—————————–

またもnprから脳関連の話題。前回は人工物で今回は天然物。楽器を演奏すると脳全体の運動になるらしい。音楽を聴くだけとは違った動きをみせるらしい。今のところ脳全体を一度に動かせるのは楽器演奏くらいらしい。これは素晴らしい話だ。ココでは取り上げられていないが、たぶん、音楽の種類にもよるのではないだろうか? 私は、他のブログで感情や脳の話題を集中的に載せている。その他のブログに取り上げたのが、、、人間は悲しいかな、他人の不幸が大好きな生き物で、それは脳の動きのせいらしい、とのこと。他人の不幸を知って快感を得る部分が脳に有る反面、その種の快感は脳を傷つけるらしい。そのダメージが重なると精神的に病むらしい。脳のどこの部分がどう刺激を受け、どう反応するのか、などはサイト検索でもして専門書や専門家の意見を見つけてもらうとして、、、
私がココで、それらから憶測するのは、音楽の種類とその演奏方法によっては後に脳のダメージにならないだろうか?と、いう疑問でした。
昔、あるアメリカのバンドが、そのバンドの曲が刑務所で拷問用に使われていたことを知り告訴したという記事を読んだ事があります。そのとき、同じ記事に取り上げられていたのが、やはりアメリカのバンドのですが、戦争に使われていたということです。