5 FOODS THAT PROTECT AGAINST RADIATION

下記はhttp://ecosalon.comからの引用記事です。
5 FOODS THAT PROTECT AGAINST RADIATION
by Aylin Erman on January 19, 2014 in NEWS & CULTURE

From Chernobyl to Fukushima, nuclear disasters leak radiation into the environment that impact our health.

With some conscious effort, you can prevent the onset of disease in both yourself and your children. The following 5 foods are just the beginning.

A recent study concluded that U.S. newborns who were born after 2010 have a 26 percent higher risk of cancer and birth defects due to the Fukushima nuclear disaster that occurred back in March 2011. The event has also led to an increase in hypothyroidism among California-born babies. As for the fishing industry, early this year, scientists caught fish off the coast of Fukushima to assess the damage caused to the marine food chain. Samples were 124 times deadlier than the threshold considered safe for human consumption. Fukushima’s groundwater is also a nuclear disaster. How the Pacific ocean’s contamination inevitably influences waters around the world is a chilling reality.

To shield your family and yourself from radiation, evaluate your animal-based products. Avoid eating sea life from the Pacific. Also, take into consideration that the higher a food product is on the food chain, the more likely it is contaminated. Dairy, for example, may be the most contaminated. The animal producing the milk fed off of grass that was watered by rain coming in from Pacific coast. Radiation is stored and passed on across the food chain and eventually into your stomach. Be cautious and careful about where you source your animal products.

1. Apple Pectin

Apple pectin is a dietary fiber that contributes to digestive health. Studies have proven that apple pectin is able to reduce the effects of radiation exposure. After the Chernobyl nuclear reactor disaster in 1987, doctors used apple pectin on those affected to reduce the load of radioactive cesium in children. It is able to get rid of heavy metals under the skin, including the radioactive Strontium 90. Sure, you could eat an apple, but you could also take a fruit pectin supplement to reap the benefits.

2. Spirulina and Chlorella

After the Chernobyl disaster, spirulina and chlorella were also used in order to lower the levels of radioactive materials, if not completely remove them, in those affected. A diet rich in chlorophyll has also proven to boost the survival rate of animals who had been administered lethal doses of radiation. However, do not get your spirulina from the waters near Japan.

3. Seaweeds

Radioactive isotopes have been shown to be neutralized by seaweeds. Just like seaweed purifies ocean waters, so too do they purify our bodies. Seaweed can convert radiation by-products into salts that can then be easily eliminated by the body. Natural iodine in seaweeds may lower radioactive iodine-131 absorbed by the thyroid by some 80 percent.

4. Foods with Carotene

A diet rich in carotene-containing foods, such as sweet potatoes, carrots, beets, squash, kale, collard greens, chard and spinach, helps to prevent carcinogenesis and thus radiation-induced cancer. Natural carotenoids have also been shown to modestly protect human skin from UVA- and UVB-induced erythema.

5. Cabbage Family

The cabbage family includes the likes of broccoli, cauliflower, arugula, bok choy and radishes. These foods are high in caffeic acid, which has been shown to protect peripheral blood lymphocytes from gamma radiation that damages cells.
—————————

下記はwww.bing.com/による上記の翻訳文です。
放射線に対する保護 5 食品
2014 年 1 月 19 日ニュース & 文化での表しエルマンで

福島にチェルノブイリから原子力災害は私たちの健康に影響を与える環境への放射線を漏れ。

意識的な努力、自分自身とあなたの子供の病気の発症を防ぐことができます。次の 5 の食品だけで始めています。

最近の研究は 2010 年以降後に生まれた米国新生児がんや先天性欠損症戻って 2011 年 3 月に発生した福島原子力災害のための 26 パーセントより高い危険があると結論。イベントは、カリフォルニア州生まれの赤ちゃんの間で甲状腺機能低下症の増加につながっています。釣り業界は今年初め、科学者魚を釣った海洋食物連鎖へのダメージを評価するために福島の海岸沖。サンプルされた 124 回人間の消費のために安全と見なされるしきい値よりも致命です。福島県の地下水も、原子力災害です。どのように太平洋の汚染必然的に影響しない、世界の水は身も凍るよう現実です。

放射からあなたの家族とあなた自身を保護するため動物ベースの製品を評価します。太平洋から海の生活を食べることを避けます。食品製品が食物連鎖に高い、それが汚染されている可能性が高く、また、考慮に入れます。たとえば、乳製品、最も汚染された可能性があります。牛乳の生産動物太平洋沿岸から来る雨によって水をまかれるいた草のオフ供給。放射線は格納され、食品チェーン全体に最終的にあなたの胃に渡されます。慎重になり、動物製品のソースの場所について注意してください。

1. アップルペクチン

アップルペクチンは、消化器系の健康に貢献する食餌療法繊維です。研究は、アップルペクチンは放射線被曝の影響を低減することができることを証明しています。1987 年にチェルノブイリ原子炉災害後医師アップルペクチン子供の放射性セシウムの負荷の低減に影響を受けた人々 に使用されます。放射性ストロンチウム 90 を含む皮膚の下に重金属を取り除くが取得することができます。確かに、リンゴを食べることができるがまた利点を収獲するフルーツのペクチン サプリメントを取ることができます。

2. スピルリナとクロレラ

後、チェルノブイリ災害、スピルリナとクロレラが影響を受けた人々 に、それらを完全に削除していない場合は放射性物質のレベルを低くためにも使用されました。クロロフィルの豊富な食事も放射線の致死量を投与されていた動物の生存率を高めるために証明されています。しかし、あなたスピルリナ日本近海から取得しません。

3. 海藻

放射性同位元素が海藻によって中和する示されています。同じように海藻海の水を浄化するのであまりにも彼らは私たちの体を浄化します。海藻はボディによってそれから簡単に除去することができます塩に放射線副産物を変換できます。海草の天然のヨウ素は 80 % 程度放射性ヨウ素-131 甲状腺によって吸収を下げる可能性があります。

4. カロチンと食品

食事療法の金持ちのカロチンを含む食品、サツマイモ、ニンジン、ビート、スカッシュ、ケール、カラード グリーン、フダンソウとほうれん草、発がんとこうして放射線誘発がんを防ぐために役立ちます。天然カロチノイドはまた控えめな UVA と UVB 誘発される紅斑から人間の皮膚を保護するために示されています。

5. キャベツ家族

キャベツ家族にはブロッコリー、カリフラワー、ルッコラ、白菜、大根が好きだが含まれます。これらの食品は末梢血リンパ球細胞のダメージを与えるガンマ放射から保護するために示されているコーヒー酸の高いです。

Author: Hariillustrated

a Black and Gray Illustrator | Graphic Designer